小さくする事が出来る」と記述されているが

ありふれた経験の浅い方向けのFXの書籍では、「差損が生じた時はナンピンで、ポジションの平均をコストを小さくする事が出来る」と記述されているが、実際にはそれはリスクがある。思春期ニキビケア 化粧水

ナンピン買いのロジックに関して述べておきます。ナイトブラ 口コミ

ひとつの例として1ドル=100円でドルを買ったとします。リンクス 池袋

$(ドル)買いだから円安ドル高になるほど黒字が出るわけですが、反対に1ドル95円まで円高・ドル安方向に進んだとします。机 格安 通販

そのままの場合保持し続けたとしたら損失が回復するまでには、5円分円安が進まなければならない。リンクス 脱毛 解約

誰もが、マイナスは出来るだけ早く0にしたいと願うだろう。元美容学校講師が教える女性のための薄毛予防と対策

そこで最初に注文したのと同じ分の$を1ドルを95円で買います。

それによって、ポジションの買い付け単価は97円50銭まで低くする事が出来ます。

言い換えると、半分の幅で円安に推移すれば損失を失くせます。

これが、ナンピンの原理です。

ナンピンのロジックを知ると、「その通り」と思ったりするが外国為替市場は容易には思うようにはいきません。

1ドル=95円より下がらないとはなんびとも想像できません。

たとえば、市場がドル安地合だとすると1ドル95円では収まることなく円高に進むリスクが高くなります。

例として、1ドル97.50円でナンピン買いをした場合に、1ドル=95円まで円高に進んだら、ナンピンをしたポジションも、損失が生まれることになってしまいます。

これでは、初めに買ったドルと合計で、2倍の損失が生まれます。

それほど、ナンピン買いは難しいです。

それならば、為替相場が自身の物語とは反対に素早く進んだ場合どのような手段で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。

そういう時には選択できる対策は限られています。

ひとつめは潔くあきらめて、ポジションを閉じる事です。

もうひとつは現在、あなたが保有しているポジションを縮小することで再びマーケットがリカバリするのをひたすら待機する事です。

少し大人しい術だと思う方もいます。

けれども、買いポジションに為替差損が生じた時最も妥当な術はこの2つ以外にはありえません。

ロジックとしてはナンピン買いするという考え方も効果的です。

だがしかしナンピン買いはあなた自身がマイナスになっている状態で、ポジションを縮小するどころか、それとは反対にポジションを積み重ねていく考え方です。

この手段では、危険性をコントロールすることなどどう頑張っても無理だと思うべきです。

ナンピン買いをし続けられれば最終的には損を取り返せるかもしれません。

しかし、その前に投資資金は無くなってしまいます。

コンテンツメニュー

    Link