カードだけしか使用不可なときもあります

店舗で一切のカードが使えるのではありません。ミドリムシナチュラルリッチ

クレジットカードの契約店はだいたい多くのカードと契約しているんですが、ちょっと不便ですがどれもの契約店で全ての運営会社のクレカが使用できるのではありません。シースリーと銀座カラーはどっちがお得?

昔からある商店の際だとJCBのロゴの書いてあるそのクレカしか使用できない場合もあるし近頃の契約店の場合VISA、MasterCardといった印のカードだけしか使用不可なときもあります。花 定期宅配で癒しのある暮らしを。

ダイナースクラブカードみたいなクレジットカード会社だったらさらに使用できない場所が増えるんじゃないでしょうか。キレイモ 札幌

何の印の所有カードが使えるかいかに見分けたらいいの?「ならどうやってどのマークの所有クレカが使用可能かというのを判断したらいいものか?」という質問だけど、正確にチェックするためには商店の店員に聞いてみるほかないというのが実はその答えです。ルプルプ 格安 ヴィラ

ただ多くの売り場やショッピングセンターには見える部分に決済可能なクレジットカード会社のロゴが入った加盟ステッカーが掲載されていることから「そっかそこの店舗ではライフカードが切れるんだな」という感じで困らないようにされているから心配しないようにしてください。善悪の屑 ネタバレ

きっちりと案内が行き届いていない店舗の場合には、ロゴマークが掲載されている状況でも「当店では○○クレジットカードはご決済いただけません」という回答を受けてしまうなどということもないともいえず、冷や汗をかいてしまうこともあるでしょう。

そこで、できる限りは全部の店舗でクレジットカードが有効であるようにしたいならば、もう一つのマーク(海外ブランド)がプリントされている一般的なVISAカード、ダイナーズライフカード、などのクレカをいくつか財布に入れておくようにしたほうがいいでしょう(例として:セゾンカードを携帯しているなら他方は銀聯カードブランドのカードを財布に入れておくほか)。

もっぱら国内においてはVISAカード、マスターカード、JCBの3つのカード会社が入っているカードを常に持っておけば100%の加入店で3枚のうちどれかのカードを提示することができます。

クレジットカードをいつも財布に忍ばせて日々スマートな支払いを目指すならば、早いうちに少なくともこの3枚のカードを作っておいていただきたいと思います。

コンテンツメニュー

    Link