渡されるのが正しいのですが

カードを店舗等において使う時思ったことがあるかと思いますが、店頭の人が理解していないことでどの明細をお客様に渡せば良いのか迷うことがあります。77-13-102

というのは、カードを使うと、レジより複数枚の使用レシートというものが印刷されるからでありこれらのうちどれを利用者に対して渡してよいものかどうかわからないということがあります。77-5-102

数枚の紙の説明→上述の複数のレシートの正体とはとはいかなるものなのかをまとめると以下の記載の通りです。77-16-102

1カード利用者に渡さなければいけない紙。77-18-102

2店舗控え明細レシート。77-4-102

3カード会社控え用の使用レシート(記名を書く紙)。77-1-102

本来は例外なくお客さんのもとへ渡さなければいけない利用明細の方を渡されるのが正しいのですが、稀に店舗控え使用明細を利用者の方に見間違えて渡すというというケースであったり署名した明細自体を渡すというといった大きなミスさえも存在するのです。77-8-102

このケースは時間給の人であるとか、普段クレジットというものが使われるケースの少ないショップの会計においてカードを提示するとこのような担当者の戸惑いというものが拝見することが出来ると思います。77-15-102

(笑)。77-6-102

従業員が間違った利用レシートを提示してきた場面では親切に「間違ってますよ」などと正してあげてください。77-14-102

コンテンツメニュー

77-11-102 77-12-102 77-19-102 77-2-102 77-9-102